NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.02.11

ラジオ石巻・FM764のつぶやき(170) 山内チヨプミ君

 2月14日はバレンタインデー。

 ラジオ石巻の深夜番組「武勇伝2」では今月、バレンタインデーの話題を取り上げた。学生時代のモテないエピソードを披露したり、金色のチョコ玉で運試しをしたりした。月に1度のオトナ向けのラジオ番組で、来月に20回目の放送となる。

 担当パーソナリティーはアラフィフの女子コンビ。今年からお笑い芸人の山内チヨプミ君が加わり、男性目線からの見方や鋭いツッコミが聴き所となっている。

 今回は、その「チヨプミ君」を紹介する。

 実は彼、ラジオ石巻の元パーソナリティー。約20年前の開局間もない頃から数年間、お笑いと映画の紹介番組を担当していた。当時大学生だった彼は卒業後、仲間と共に上京した。「イヌがニャーと泣いた日」というお笑いグループで、テレビやラジオ、舞台で活躍した経歴を持っている。

 時は流れ、現在は「竹乃浦」(石巻市山下町)の伏見不二雄会長と、お笑いコンビ「金華山」を結成。親子ほどの年の差があるものの、漫才デビューを果たした。さらに、チヨプミ君は仙台を中心にラジオや舞台、構成作家としても活動している。

 近年、笑うことによって身体が活性化され、免疫力がアップするなど、笑いの効能が注目されている。「笑う門には福来たる」「笑いは百薬の長」など、ことわざにあるように、やはり健康にもいいようだ。しかし、漫才師や落語家、コントしかり、人を笑わせるには高い技術がいるだろう。

 自らを「笑いの求道者」と名乗り、相当なメモ魔でもあるチヨプミ君が、膨大なネタ帳とキャリアを積んでラジオ石巻に帰ってきた。40歳すぎのかわいいおじさんになったが、若々しい高音ボイスとテンポは健在だ。

 私も彼の発信する笑いで元気になりたい一人。「武勇伝2」。今月の再放送は22日。来月の本放送は1日。深夜11時から。(パーソナリティー・阿部利佳)


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る