NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.02.09

パワハラ 石巻地区消防本部の男性管理職に戒告処分

 石巻地区消防本部の管理職の男性(55)が、部下に不適切な言動を繰り返し、パワーハラスメントを行っていたことが8日、分かった。石巻地区広域行政事務組合議会定例会の冒頭、理事長の亀山紘石巻市長が行政報告で明らかにした。男性は8日付で戒告処分、当時の消防本部次長を管理監督責任者として文書による訓告処分とした。

 消防本部によると、管理職男性は16年10月ごろから、部下の男性2人に数回にわたって過剰な叱責(しっせき)や、業務の早期処理を促して恒常的に残業させ、精神的苦痛を与えたという。

 昨年12月に亀山市長や組合議員宛てに匿名の告発文が送られ、内部調査に加え、弁護士や大学教授、社会保険労務士で構成する第三者委員会による調査でパワハラが確認された。

 今宮文生消防長は「住民に対する組合職員の信用を著しく失墜させる行為であり、深くおわび申し上げる。再発防止のため、綱紀の粛正と法令順守の徹底を図る」とコメントした。

 消防本部は、パワハラ防止に関する規定の見直しを急ぐほか、外部通報窓口の設置や全職員を対象としたハラスメント防止研修などを実施して再発防止に努める。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る