NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.02.09

第3期石巻市食育推進計画、策定へグループ討議 食習慣を考える

グループディスカッションで意見を出し合う参加者たち

 石巻市が3月に策定を予定する、第3期石巻市食育推進計画の基本方向の一つ「食習慣と健康」をテーマにした食育情報交換会が6日、市保健相談センターであった。参加者は、市民の食生活の実情などを踏まえ、改善策について活発に意見を交わした。

 食生活改善推進員ら約50人が参加。グループ討論では「食の選択力の習得」をテーマに、意見を出し合った。

 参加者は、最近の市民の食生活について「空腹感を満たすために、塩分が多いインスタントラーメンなどを食べる機会が多くなっている。その食生活が生活習慣病に結びつくのでは」「親が忙しく、調理する時間がない。情報はあふれているが時間が追い付かず、作らない人が多いのではないか」などと指摘した。

 解決策としては「学校などと連携する」「自分の体に関心を持つ意識付けをする」「時短レシピを作成し普及させる」「コンビニのメニューや冷凍食品を使ってもいいので、バランスのいい商品を選ぶ」といった意見が出された。

 市は今回出た意見を踏まえ、計画の推進に役立てる方針。

 第3期石巻市食育推進計画は2019〜23年度の5年計画。「食習慣と健康」「食文化の継承」「地産地消」「食の安全・安心」の四つを基本方向に設定した。計画では「食習慣と健康」を最優先に取り組む。

 食育情報交換会は市食育推進会議、市健康推進課が主催。グループ討論に先立ち、健康メニューの調理実習もあった。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る