NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.11.08

東松島市復興工事 エム・テック破産、建設業者再選定へ

 東松島市の渥美巌市長は6日の定例記者会見で、総合建設業エム・テック(さいたま市)=破産手続き中=が手掛ける市の東日本大震災関連工事が中断している問題で、新たな業者を一般競争入札で再選定する方針を示した。2019年度中の完成を目指す。

 市によると、同社仙台支店が同市大塚の東名運河に架ける橋の橋桁を製造し、橋台に据え付ける工事を受注。請負代金2億5920万円のうち、市が同社に前払いした1億368万円は保証され、実損はない。工期は19年3月までだった。

 渥美市長は「これから新会社を選定すると、3、4カ月は遅れるのではないか。県や他の自治体と連携し、早く完成させたい」と強調した。


※関連記事
「東松島市復興工事 受注会社が再生手続きを開始(2018.10.16)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2018/10/20181016t13015.htm

河北新報:エム・テック破産へ 被災3県発注の復興工事、契約解除通知 未完了の工事続行不可能に(2018.10.23)
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181023_72023.html
河北新報:<エム・テック破産>随意契約で再発注 県、工事再開目指す(2018.10.30)
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181030_11028.html


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る