NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.11.08

鯨文化をアピール 修学旅行の牡鹿中3年生、缶詰を東京で販売

法被姿で鯨の缶詰を販売する生徒たち

 石巻市牡鹿中(生徒30人)の3年生10人がこのほど、修学旅行で訪れた東京で鯨の缶詰を販売し、古里の特産品や鯨文化をアピールした。

 生徒たちは、東京海洋大学品川キャンパスを訪問。侍ソーランの法被を身に着け「鯨の町から来ました」「おいしい大和煮はいかがですか」と元気に声を張り上げ、宣伝活動をした。

 缶詰のラベルは、生徒たちのイラストが施されたオリジナルデザインで、大学関係者らが買い求めていた。


※関連記事
「鯨缶詰デザインコンテスト 牡鹿中4人のラベル採用(2018.03.13)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2018/03/20180313t13011.htm


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る