NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.11.08

出前授業に向け準備 石巻工高生と石巻専修大生、交流学習会

積極的に意見を出し合った交流学習会

 石巻工高(生徒688人)で交流学習会が1日にあり、土木システム科の3年生8人と、石巻専修大理工学部・高橋智研究室の4年生2人が参加した。東松島市矢本二中で8、22の両日開かれる出前授業に向けて開かれた。授業当日は、人型ロボット「pepper(ペッパー)」を活用する。

 学習会では、学生がプログラミングした動作やせりふを確認した。授業形式での発表も行い、「中学生が答える想定で内容を考えるべきだ」「答えをプリントに書き込むタイミングを分かりやすくした方がいい」などと意見を出し合った。

 石巻工高3年の阿部透麻さん(18)は「災害時の対処を理解し、実際に被害に遭った際も中学生が授業を生かした行動をしてくれればうれしい」と話した。

 出前授業は、ソフトバンクと同大によるペッパー社会貢献プログラムの一環。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る