NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.11.08

ワンオペ家事育児からの脱却へ 石巻で学術講演会

子育てしやすいまちになるよう提言を考える参加者

 育児や家事を一人でこなす「ワンオペ」脱却をテーマにした学術講演会(中央大、NPO法人石巻復興支援ネットワーク主催)が10月30日、石巻市開北3丁目の石巻復興支援ネットワーク多目的ホールであり、参加者約20人が、夫婦で協力することへの理解を深めた。

 中央大法学部の広岡守穂教授(67)と評論家の立美さん(66)夫妻が、自身の経験を踏まえ講話した。

 広岡さんは「男性も家事をやれないといけない。妻がいないとき、文句を言うのはルール違反だ」と強調。立美さんは「育児は2人でやるもの。母親がやるのが当然という意識は切り替えてほしい」と述べた。男女の考え方の違いを指摘し、広岡さんは「女性は遠慮しすぎている。男性はストレートに言われないと分からないこともある」と訴えた。

 講演後、各グループに分かれ、子育てしやすいまちづくりについて意見交換。「子育て推進月間を設け、男性も育児休暇や年次休暇を取りやすい雰囲気づくりをする」「土日祝日の保育サービスの充実」といった声が上がった。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る