NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.11.06

しょくば拝見<10> 水処理・堆肥製造、アイ・ケー・エス(石巻市鋳銭場)

公共インフラを支える使命感を共有し、結束する社員たち

<地域に快適環境提供>

 「石巻環境サービス」の社名を2014年、頭文字を取って現社名に変更した。業務内容は多岐にわたり、下水処理や堆肥製造など、生活の中の「循環」に関わるあらゆる事業を展開する。

 1981年に使用開始した石巻東部浄化センターを皮切りに、石巻市内にある三つの流域下水道施設の指定管理者として管理・運営を担う。2006年からは石巻市北上堆肥センターの指定管理者も務め、下水処理に用いる微生物のノウハウを生かして堆肥、液肥の製造・販売を手掛ける。

 11年にあった東日本大震災では、東部浄化センターなどが大きな被害を受けた。下水管が通っている以上、業務を止めることができないため、社員が総力を挙げて対応に当たった。企画室の山本郁生次長(43)は「公共インフラを支えるという使命感で乗り越えた」と当時を振り返る。

 近年は下水処理を身近に感じてもらう取り組みにも力を入れる。毎年開催する「流域下水道まつり」のほか、16年からはホタルの鑑賞会を実施し、下水処理の仕組みや生活に関わる水について、市民が考える機会を提供している。

 森田和社長(44)は「自然環境が読みにくくなっている時代の中で、住民に安心した暮らしを提供することが大事。企業の役割を通じて住民の支えになっていきたい」と力強く語った。

 社員は企業の役割と使命感を自覚し、誇りと責任を持って業務に励んでいる。

■会社概要
 地元の雇用促進や技術者を育てるという人材育成を目指し、1981年3月設立。水処理施設の計画から建設、上下水道施設の維持・管理のほか、堆肥の製造・販売など幅広い事業を展開。「にっこり有機堆肥」と液肥「にっこりパワー」は石巻市内5カ所で購入可能。資本金6000万円。従業員165人。本社は石巻市鋳銭場5の21。0225(96)6420。
http://www.e-iks.jp/


※しょくば拝見<9> 東松島長寿味噌(東松島市大塩)
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2018/10/20181030t13002.htm


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る