NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.11.06

秋の萬画館大賞 夏に続き保科さん受賞 今月末まで展示

「時間」をテーマにした秋の萬画館賞で大賞を受賞した保科さんの作品

 石ノ森萬画館(石巻市中瀬)主催の第53回マンガッタンイラストギャラリー「秋の萬画館賞」が決まった。大賞に保科有佳さん(23)=山形県在住=が選ばれた。保科さんは夏に続く大賞受賞となった。

 秋の萬画館賞は「時間」をテーマに作品を募集。応募総数は68点だった。大賞のほか優秀賞1点、佳作2点だった。

 講評で「時計そのものをモチーフとして描いたイラストが多く集まった。保科さんの作品は直接、時計を描いていないが、夕焼けの中に浮かんださまざまな思い出の写真によって、女性の成長と時間の流れを巧みに表現している」と指摘。さらに「画面を包み込む優しいセピア色の色調からは、過去を大切に思う女性の温かい気持ちが伝わってくるようだ」と高い評価を受けた。

 作品は今月末まで、萬画館3階ギャラリーに展示されている。

 大賞を除く入賞者は次の通り。
▽優秀賞
 小形朱嶺(17)仙台市、佐藤学園ヒューマンキャンパス高等学校
▽佳作
 ペンネーム・けんつ(19)大阪市
 畠山はな(14)河南東中

   ◇

 次回は「冬の萬画館大賞」で、テーマは「妖精」。応募方法は、はがきサイズ(100ミリ×148ミリ)の用紙に、作者本人の郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、学校名、年齢、電話番号を明記し送る。CG作品の場合、はがきサイズで、解像度350dpi以上で印刷したものを提出する。作品数は1人3点まで。9月15日必着。応募先は〒986−0823 石巻市中瀬2の7 石ノ森萬画館 MIG project 2018。

 連絡先は0225(96)5055。


※関連記事
「夏の萬画館大賞決まる 9月末まで展示(2018.07.01)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2018/07/20180701t13004.htm


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る