NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.10.25

進路選択の参考に 東松島・鳴瀬未来中、職業人の話を聞く会

管理栄養士の高橋さんから話を聞く生徒たち

 将来の職業選択の参考にしてもらおうと、東松島市鳴瀬未来中(生徒212人)は、職業人の話を聞く会「Job cafe」を校内で開き、1・2年生147人が参加した。

 講師として招かれたのは、消防士や保育士、大工、医療関係者、パティシエなど約25人。生徒たちは8人程度のグループに分かれ、体育館や家庭科室、ピロティなどでそれぞれの仕事について話を聞いた。

 東松島市の管理栄養士高橋麻子さん(35)は、乳幼児を育てる母親たちへ体調管理や食事のアドバイスを行うほか、高齢者の生活習慣病防止を目的とした調理実習を行っていると説明。「相談をしてくれた人たちが笑顔で結果を報告してくれたときに、やりがいを感じる」と話し、「相手の気持ちを考えられる人、食べる・調べることが好きな人が向いている仕事。自分自身が健康に気を付けることも大切」と助言した。

 1年の房間敦樹さん(12)は「栄養士と言えば給食センターにいるイメージがあり、市役所や航空自衛隊松島基地で働いていると知って驚いた。栄養士を目指しているので、参考にしたい」と語った。

 市教委から学校運営協議会制度「コミュニティ・スクール」の指定を受ける同校は、学校運営協議会の協力の下、2016年度から職業人の話を聞く会を実施している。本年度は4日に開催した。


※関連記事
「鳴瀬未来中の新校舎落成式 住民ら、再スタートを祝福(2018.01.09)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2018/01/20180109t13013.htm


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る