NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.10.11

孫兵衛スタンプラリー 石巻市、完全制覇の9人をマスター認定

亀山市長から認定証を受け取る加藤さん(左)

 仙台藩祖・伊達政宗の命を受け北上川の改修に力を尽くした川村孫兵衛重吉ゆかりの地を巡る歴史探訪スタンプラリーで、石巻市と出身地の山口県萩市の計13カ所を完全制覇した石巻市釜小校長の加藤えり子さん(58)=石巻市前谷地=に9日、亀山紘市長が「孫兵衛マスター」の認定証を手渡した。計9人が13カ所を回り、加藤さんは石巻市民で最初に達成した。

 4月に釜小に赴任した加藤さんは、校歌に孫兵衛に関するくだりや、学区内に菩提(ぼだい)寺「普誓寺」や孫兵衛を祭る重吉神社があることをきっかけに参加した。夏休み中に2日かけて石巻市内を歩き、夫茂実さん(61)と1泊2日の旅行で萩市を訪ねて達成した。

 石巻市役所であった授与式で、亀山市長は「歴史を知ってもらいありがたい」とたたえた。加藤さんは「石巻で初めて行った場所もあった。釜小の児童は総合学習で孫兵衛を調べる機会が多い」と述べた。

 スタンプラリーは東北地方整備局北上川下流河川事務所と石巻市が主催。7、8月の期間中、日和山公園にある銅像など石巻市内10カ所、萩図書館など萩市内3カ所を回り、全印章を集めた人に称号を与えた。

 2回目の今年は、両市にある孫兵衛ゆかりの地を全て回った達成者は昨年の7人から2人増えた。9人のうち2人は山口県民。石巻のみの達成者は145人(昨年145人)、両市の参加者は延べ309人(同282人)だった。


※関連記事
「孫兵衛スタンプラリー 完全制覇の秋場さん、『マスター』認定(2017.10.28)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2017/10/20171028t13005.htm


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る