NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.10.10

女川原発再稼働の是非問う 石巻の市民団体、住民投票実現へ集会

住民投票制定を目指し、署名活動の協力者が集まった集会

 東北電力女川原発2号機(女川町、石巻市)再稼働の是非を問う住民投票条例制定目指し、市民団体「みんなで決める石巻の会」は8日、石巻市泉町4丁目の平和会館でキックオフ集会を開いた。

 12月2日までの2カ月間、条例制定を求める直接請求に必要な市内の有権者の50分の1(約1500人)以上の署名を募る。署名活動に市民約30人が協力。必要数の3倍に当たる4500人を目標に、街頭活動や戸別訪問を展開する。

 集会では、署名集めの際の注意事項などが説明された。

 同会の中山亨事務局長(74)は「これまで原発について関心が薄かった人にも、興味を持つきっかけにしてほしい」と話した。

 署名活動に参加する同市鹿又の無職原伸雄さん(76)は「福島県の東京電力福島第1原発を見学した際、古里を守るために何かをしなければと思った。賛成反対を問わず意思表示をしてほしい」と語った。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る