NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.10.10

「人権の花運動」 球根植え育て、命の尊さ学ぶ 石巻・大街道小

人権擁護委員と協力して球根を植える児童

 石巻市大街道小(児童201人)の6年生33人が2日、校庭にヒヤシンスの球根40個を植えた。花を育てることで生命の尊さを学び、豊かな心や優しさを育む法務省の「人権の花運動」の一環。

 市と南三陸地域人権啓発活動ネットワーク協議会が主催。赤、黄、ピンクなどの花が咲くヒヤシンスの球根が用意され、児童が1鉢ずつ丁寧に植えた。来年2月下旬から3月に開花する。

 林崎弘尚君(11)は「植物にも命がある。大切に育てていきたい」、高橋寧々花さん(12)は「人を花で笑顔にさせることが好きなので、今回の活動がうれしかった」と語った。

 本年度は同校のほか、桃生小、和渕小、大原小、二俣小で人権の花運動を行う。

◇法務省:人権の花運動 http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken06.html


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る