NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.09.13

東松島市、2020年春に保育園新設 待機児童ゼロへ意欲

 東松島市に2020年4月、私立認可保育園が開園する。渥美巌市長が12日、市議会9月定例会の一般質問で明らかにし、「待機児童ゼロを目指す」と意欲を示した。

 保育園は、需要が高い赤井地区に建設予定で、定員75人。0歳児から就学前までの子どもを預かる。
 
 市の公募型プロポーザルに2事業者が応募した。市の事業者選定委員会が審査し、8月28日、同市矢本の認可園「ウェルネス保育園矢本」を運営するタイケン福祉会(埼玉県)を選定した。

 同市では4月にウェルネス保育園矢本、5月に企業主導型保育施設「緑が丘ひかり保育園」が開所。4月の待機児童数は24人で、前年より15人減少した。

 市は、市立保育所に勤務する保育士を安定的に確保するため、本年度は正職員5人を採用し、19年度は3人採用する予定。

 渥美市長は答弁で「子育て支援策を拡充し、若い世代の転入と定住を促進したい」と述べた。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る