NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.07.10

海水浴場を清掃後「侍ソーラン」披露 石巻・牡鹿中生が網地島訪問

清掃活動をした網地白浜海水浴場で、侍ソーランを披露する生徒たち

 石巻市牡鹿中(生徒30人)の全生徒が3日、離島・網地島を訪れ、全校で取り組む「侍ソーラン」を住民に披露した。

 14日の海開きを控えた網地白浜海水浴場では清掃活動に励んだ。漁網や海藻類などごみ袋10袋分を集めた後、きれいになった砂浜で侍ソーランを披露。鮮やかな衣装をまとい全力で踊る姿に、島民たちから大きな拍手が送られた。

 3年木村汐里さん(15)は「島の人たちに喜んでもらえるように練習を重ねてきました。笑顔が見られてうれしかった」と話した。

 近くで旅館を営む木村京子さん(75)は「素晴らしい演技で感動しました。毎年来てくれて元気をもらっています」と感謝していた。

 活動は牡鹿地区の復興や活性化を目指し、生徒自身ができることを探ろうと、2012年から総合学習「笑顔創造プロジェクト」の一環として、取り組んでいる。長渡港でも演技を披露した。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る