NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.07.10

講話や意見交換で市政課題を学ぶ 石巻・桜坂高「市役所プロジェクト」

石巻市職員と活発に意見を交わした

 石巻市桜坂高(生徒486人)の3年生138人は4日、「市役所プロジェクト」の一環として石巻市役所を訪れ、講話やワークショップを通して市政課題などについて学んだ。

 生徒たちは、講話を30分ごとに聞く2グループと、ワークショップを行うグループに分かれた。

 市防災センターで行われたワークショップには観光、危機対策、子育て支援、復興政策課などから担当職員18人が参加。市から提供された「地域交流の活性化」や「いしのまき元気いちばの元気食堂の新メニュー」などの課題について意見を交換。「新たなお祭りを開催し交流を図る」「バーベキューを企画する」といった提案があった。

 武山ひかるさん(17)は「市の事業について調べることがなかったので、良い機会になった。子育て支援課に、親が体調を崩した際子どもを預かる『ファミリーサポート制度』があることを初めて知るなど学ぶことが多かった」と話し、実りのある時間を過ごした。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る