NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.06.20

復興への響き高らかに 石巻・金蔵寺で「寺フェス」

寺フェスを盛り上げた伊達の黒船太鼓の演奏

 石巻市南境の金蔵寺で17日、東日本大震災の復興祈願と地域交流を目的に第4回「寺フェス」(実行委員会主催)が開かれ、大勢の家族連れなどが訪れた。寺フェスの開催に先立ち、本堂で復興祈願法要が営まれた。

 境内には石巻焼きそばやカレー、焼き鳥、ハンバーガー、輸入雑貨、野菜の販売など計24の出店が並び、来場者が目当ての品を買い求めていた。

 特設ステージでは、伊達の黒船太鼓保存会(石巻市)による演奏を皮切りに、バンド演奏やストリートダンス、よさこいが披露され、祭りを盛り上げた。本堂でのヨガ教室もあった。

 寺フェスは2015年にスタート。副実行委員長の渡辺伸彦副住職(38)は「震災復興祈願をきっかけに開催している。多くの人に足を運んでもらい、よりお寺を身近に感じてほしい」と話した。


※関連記事
「寺フェスin金蔵寺 演奏や飲食、地域住民ら楽しく交流 石巻(2017.06.09)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2017/06/20170609t13002.htm


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る