NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.06.13

オリジナル純米吟醸酒「日和桜」女性に好評 いしのまき農協

ビンもラベルも一新し、明るく華やかなイメージにも仕上げた「日和桜」

 いしのまき農協は環境保全米ササニシキを100%使用したオリジナル純米吟醸酒「日和桜(ひよりざくら)」を販売している。

 「浦霞」を販売し、全国的に知られている佐浦(塩釜市)が、2017年産ササニシキを原料に製造した。アルコール分は15度以上16度未満。精米歩合は55%。担当者は「柔らかな口当たりで、酸味がある。後味もすっきりしていて飲みやすく女性にも好評」とアピールしている。

 環境保全米の消費拡大などを目的に、12年に「日和桜」を販売した農協は春、秋の2回に分けて販売。昨年も用意した5000本が完売する人気を集めた。

 今回はリピーターに加え女性を中心とした若い世代の客層も取り込もうと、これまでの茶色いビンから緑のビンに変更。ラベルも白からピンクの桜カラーにし明るく華やかなイメージに仕上げた。

 720ミリリットルで1500円(税込み)。ギフト・贈答用化粧箱入りは1650円。2本入りは3300円。春は2500本を販売する。

 連絡先はいしのまき農協営農部資材課0225(22)1120。石巻や河北など最寄りの営農センターでも扱っている。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る