NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.06.10

スワン国際協力の会と文教大、植栽作業 石巻の公園を花で飾る

花壇に花を植える文教大の学生ら

 石巻市を拠点に東日本大震災の支援活動などに取り組む「スワン国際協力の会」と文教大は9日、震災で被災した石巻市松並2丁目にある松並公園の花壇で、植栽作業に取り組んだ。

 文教大の学生や松並町内会の会員ら約20人が参加。マリーゴールドやペチュニア、シャクナゲなど色とりどりの約700株の花を持ち寄った。アルファベットで、フレンドと松並の頭文字となる「F」と「M」を花でかたどるなどして植えた。

 両者が松並公園で花の植栽に取り組むのは今年で3回目。スワン国際協力の会の千葉直美代表(56)は「これからもきれいな花を植えることで、被災した公園を彩りたい」と話した。

 文教大国際学部の林薫教授(65)は、自宅の庭で育ててきた花を松並公園に運んで植えた。「学生と一緒に参加することで、防災意識の向上に役立てることと、震災を風化させないことに努めたい」と語った。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る