NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.04.15

タケノコ狩り、シーズン到来 石巻・飯野の園で一般開放

「今年も生育が良い」と話し、収穫作業に励む赤間さん

 「タケノコ前線」が石巻地方にも到達。石巻市飯野絵図沢の農業・赤間克三さん(57)自宅裏山にあるタケノコ園(20アール)で、一般開放が始まった。園にはシーズンを待ちわびた市民らが訪れ、タケノコ狩りを楽しんでいる。

 13日、夫と訪れた内海光子さん(78)=東松島市あおい1丁目=は「毎年楽しみに来ています。ここのタケノコはおいしいので、今年もまた北海道の友人に送ります」と話していた。

 赤間さんの妻祐子さん(57)は「温暖な日が続いたことから、昨年より10日ほど早い3月下旬から開放しています。生育も品質も良い」と明るい表情を見せる。

 赤間さん方の孟宗竹(もうそうちく)は、えぐみが少なく柔らかいのが特徴。平均2キロほどで、5キロほどの大物も採れている。自宅と、道の駅「上品の郷」で販売している。

 6月上旬まで開放予定。入園(収穫体験)無料。収穫したタケノコは1キロ当たり500円で持ち帰れる。

 開放時間は午前9時〜正午、午後3〜5時。雨天休園。連絡先は0225(62)1324。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る