NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.03.13

子どもたち安らかに 石巻・大川小遺族会が法要

午後2時46分に合わせ、子どもたちに黙とうをささげる参列者たち

 東日本大震災で児童と教職員計84人が死亡・行方不明になった石巻市大川小の被災校舎では、遺族会による法要が営まれた。

 大勢の地域住民や遺族が参加。震災が発生した午後2時46分、津波で命を突然奪われた子どもたちの冥福を静かに祈った。

 5年の次女千聖(ちさと)さん=当時(11)=が犠牲となった紫桃隆洋さん(53)は「生き残った子どもたちの成長を見ると7年という月日は長かった。大川小を訪れて学校防災のこと、命のことを考えてもらえれば」と話した。


※関連記事
「大川小控訴審が結審 和解案を原告側拒否、4月判決 仙台高裁(2018.01.24)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2018/01/20180124t13002.htm


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る