NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.03.11

東日本大震災追悼 石巻地方3市町で行事

 マグニチュード(M)9.0の巨大地震と大津波が東北太平洋を襲い、2万人近い死者、行方不明者が出た東日本大震災から11日で7年がたった。

 石巻地方では、きょう3市町でそれぞれ主催する追悼式が行われ、犠牲者の冥福を祈るとともに復興完遂の誓いを新たにする。慰霊碑の除幕式や追悼ミニコンサートなども予定されている。

◆東日本大震災の主な被害状況
(2月28日現在、県まとめ。単位は人、棟。人口は2015年国勢調査)
    人口(2010年との比較) 直接死 関連死 行方不明 住家全壊 住家半壊
石巻市 147,214(−13,612) 3,278  275   423  20,042   13,049
東松島市 39,503(− 3,400) 1,066   66    23   5,519   5,558
女川町  6,334(− 3,717)   593   22   258   2,924    349
県計 2,333,899(−14,266) 9,637  927  1,225  83,003  155,130

 県がまとめた震災の被害状況(2月28日現在)は表の通り。

 震災による犠牲者は関連死を含めると石巻市で3553人(全県の33.6%)、東松島市で1132人(10.7%)、女川町で615人(5.8%)となっている。3市町合わせた行方不明者は704人で、県全体の58.2%。

 人口は2015年国勢調査の確定人口で、前回調査(10年)と比べ石巻市は8.46%、東松島市は7.92%、女川町は36.98%の減少率となった。県内で女川町の減少率は最も高かった。石巻地方3市町の人口は19万3051人(前回比9.7%減)。


<石巻市>

 追悼式を午後2時40分から河北総合センターで開く。800人の来場を見込む。

 参列者全員で震災が発生した午後2時46分に黙とうをささげる。石巻合唱連盟や石巻好文館高と石巻市桜坂高の生徒らによる追悼合唱に続いて亀山紘市長があいさつ。安住淳衆院議員や丹野清市議会議長らの追悼の言葉がある。震災当時、長面に住んでいた三條すみゑさん(59)が遺族代表の言葉を述べた後、参列者が献花し、哀悼の意を示す。

 JR石巻駅前や各総合支所のほか、大規模な仮設住宅団地、復興公営住宅などから追悼式会場を結ぶ無料送迎バスを運行する。

 追悼式会場とは別に、市役所や雄勝総合支所、遊楽館など6カ所に献花場を設け、一般の献花を受け付ける。時間は午前8時半〜午後5時。


<東松島市>

 追悼式を午後2時半から、市民体育館で開く。

 政府主催の7周年追悼式の中継の後、渥美巌市長があいさつ。阿部勝徳市議会議長、地元選出の高橋宗也県議らが追悼の辞を述べる。遺族代表の言葉は、市内在住の会社社長、日野良宣さん。この後、遺族、主催者、来賓、参列者の順で献花する。市は遺族や行方不明者の親族、一般参列者のため、870席を用意している。

 駐車場は市民体育館前(身障者車両専用約10台)をはじめ、矢本一中校庭、矢本一中西隣など計420台分を確保した。参列者の利便性を図るため、震災での浸水エリア内の主な施設を巡回する送迎バスも運行する。


<女川町>
 追悼式を午後2時から町総合体育館で開き、参列者らが哀悼の意をささげる。

 須田善明町長のあいさつ、町議会の木村公雄議長らの追悼の言葉、遺族代表による慰霊の言葉の後、参列者全員で黙とうし、献花する。香典・供物は受け付けない。

 JR女川駅と町総合体育館、役場近くに臨時駐車場を設ける。女川駅発で町総合体育館に向かうシャトルバスを午後1〜2時、15分間隔で運行する。バスは式典終了後も町総合体育館を15分間隔で発車する。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る