NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.03.11

「たびの情報館」完成 お薦め観光案内、飲食スペースも 女川

女川町の観光情報を発信する施設としてプレオープンした「ぷらっと」

 女川町中心部の商業エリアに、観光情報の発信施設「女川町たびの情報館『ぷらっと』」が完成し10日、プレオープンした。東日本大震災で被災した町観光協会の事務所としても整備された。

 震災から7年、集客を担う新しい町の顔がまた一つ加わった。

 ぷらっとは、木造平屋の約120平方メートル。総事業費は約3500万円で、町観光協会が公的資金を受けずに建設した。

 観光案内スペース(約60平方メートル)ではパンフレットなどを置いて、町内や近隣自治体の観光スポットやイベントなどの情報を発信する。6人掛けの五つのテーブル席を設け、施設に隣接するテナント型商店街「シーパルピア女川」で買い物を楽しんだ観光客らが食事ができるよう、休憩所の機能も備えた。

 ぷらっとは、観光客や地元住民に「気軽に訪れてほしい」との願いを込めて名付けた。町観光協会は「建物正面には、女川湾や新しくできる観光交流エリアが広がり眺望が良い。多くの人に親しんでもらいたい」と話した。

 落成式は16日に行い、関係者がテープカットをして新たな拠点施設の出発を祝う。11日以降の開館時間は、午前9時〜午後5時で、年中無休。

 町観光協会は震災前、女川湾近くにあったが、震災の津波で事務所が流失。町内の仮設商店街や女川町民野球場などで運営していたが、10日からぷらっとで業務を再開させた。

 連絡先は、町観光協会0225(54)4328。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る