NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.02.22

石巻・子どもセンターで水産研修 成果発表や魚料理に挑戦

シーフードピザの具作りを楽しむ子どもたち

 石巻市立町1丁目の市子どもセンター・らいつで活動する「子どもまちづくりクラブ」(小学5年〜高校3年)が18日、同センターで水産イベントを開催した。事前に、地元の刺し網漁に同行したり、釣りを体験したりして学んだ成果を発表し、石巻の水産に理解を深めた。

 港町にいても魚のことをよく知らない子どもが多いことから、もっと身近に感じてもらえる活動をしようと、クラブの中で企画が持ち上がった。

 刺し網漁見学ではメンバーが、鮫浦地区の漁師さんと一緒に船で漁場に行き、水揚げする様子を見た。万石浦で釣り体験もした。釣果はなかったが、沿岸で見られる貝や海藻に触れた。

 イベントでは刺し網漁の写真を掲示したほか、漁師さんの写真を拡大して作った顔出しパネルを設置。海辺で拾った貝殻などを材料にフォトフレームも作り、みんなで活用した。

 魚食を知る企画として、シーフードピザとあら汁、タラギョーザの調理に挑んだ。タコとツブ貝を刻んでギョーザの皮に載せたオリジナルピザ作りにも取り組み、来場者と一緒に試食を楽しんだ。

 刺し網漁見学を体験した阿部優美香さん(18)=石巻市桜坂高3年=は「朝早くから寒い海で働くのは大変だと思うけれど、好きな仕事に打ち込むやりがいのようなものも感じた」と感想を話した。

◇石巻市子どもセンター らいつ http://ishinomaki-cc.jp/


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る