NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.02.13

北上観光物産交流センター、地場産品そろえオープン 石巻

テープカットで開所を祝う関係者たち

 東日本大震災で被災した石巻市北上町十三浜で11日、震災後初の観光施設として誕生した「市北上観光物産交流センター」開所式が行われた。

 環境省が4月開業予定で隣地に整備を進める自然体験施設「川のビジターセンター」の併設施設として機能し、連携しながら、北上地区の豊富な自然資源や観光情報発信、地場産品のPR・販売を通して観光振興や地域の活性化を図る。

 式典には、関係者約50人が出席。

 亀山紘石巻市長が「川のビジターセンターより先行しての開業になるが、相乗効果が発揮できるよう交流人口の拡大に努めていきたい」とあいさつし、関係者によるテープカットで開所を祝った。

 式典後には、赤飯や帆立汁などが振る舞われた。

 自然と調和する落ち着いた外観のセンターは、木造平屋で延べ床面積92.8平方メートル。国道398号沿いで、旧吉浜小や旧北上総合支所敷地などの約3メートルかさ上げした土地に建つ。総事業費約4200万円。一般社団法人石巻観光協会が、管理と運営を担う。

 本格オープン初日には、ワカメやコンブといった海産物をはじめ、水産加工品や農産物など北上地区14事業者の商品が並んだ。品ぞろえは時期によって変動もあるという。

 センター内には観光案内パンフレットを置き、風景写真を展示したほか、休憩できるスペースを設けた。

 北上地域まちづくり委員会会長の佐藤富士夫さん(69)は「被災して危険区域になったこの場所が観光拠点として生まれ変わったということは、この地に残って頑張る者にとって励みになる。本当にありがたい」と語った。

 センターの開館時間は午前9時〜午後5時。火曜定休。連絡先は0225(98)9861。


※関連記事
「石巻・北上観光物産交流センター、待望のオープン 来月11日(2018.01.23)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2018/01/20180123t13015.htm
「三陸復興国立公園 翁倉山・フィールドミュージアム運営委、発足(2016.02.18)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2016/02/20160218t13009.htm


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る