NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.02.13

石巻で積雪8センチ 休日のため、朝の混乱なし

家の前で雪遊びをする子どもたち=午前10時50分ごろ、石巻市立町2丁目

 強い冬型の気圧配置となった12日、石巻地方は未明から朝にかけて吹雪交じりの降雪が続いた。仙台管区気象台によると、石巻で8センチ(午前9時)の積雪を観測した。

 日本海側を中心に大雪を降らせた雪雲が太平洋側に流れ込み、県東部地域にも影響をもたらした。1月末にまとまった積雪があった石巻地方では、溶けずに固まった雪が路肩や日陰に残る中、新雪に覆われ、街では市民が再び雪かきに追われた。

 休日のため通学への影響はなく、朝の混乱は避けられた。雪は昼前にやみ、家の前で子どもたちが雪だるま作りなどの遊びに興じる光景も見られた。

 日中の気温は上がらず、女川・江島で最高0.4度だったほか、石巻・桃生で氷点下1.8度、東松島で氷点下0.7度(いずれも午後3時現在)と真冬日となる所が多かった。

 冬型の気圧配置は13日も続く。県東部地域は曇りで、一部で雪の降る所もあると予想されている。


※関連記事
「石巻で積雪18センチ、今冬一番 スリップ事故相次ぐ(2018.01.24)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2018/01/20180124t13001.htm


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る