NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.01.11

マンガロード2カ年計画 石巻市、モニュメント3基増設

石巻市中心部にある「サイボーグ009」のモニュメント

 漫画を生かしたまちづくりを進める石巻市は2018年度、JR石巻駅と石ノ森萬画館をつなぐマンガロードに漫画キャラクターのモニュメントを増設する計画だ。2カ年で3基増やす予定。

 新キャラクターは故石ノ森章太郎さん(登米市出身)の作品から、マンガロードのテーマやストーリー性などを考慮し、萬画館を運営するまちづくり会社「街づくりまんぼう」と協議して決める。

 事業費は890万円を見込み、一般財源から措置する方針だ。

 ソフト面も充実させる。モニュメントとスマホのAR(拡張現実)技術を連動させる企画を検討。モニュメントにQRコードを設置し、スマホなどで読み取るとキャラクター周辺に関連した映像が出るようにする。複数のモニュメントに用意し、スタンプラリーなどもできるように、マンガロードの周遊強化を図る。

 マンガロードは、
(1)サイボーグ009
(2)ヒーロー
(3)コメディー
(4)時代劇
の四つのテーマで構成されている。

 「サイボーグ009」「仮面ライダー」「ロボコン」などプラスチック製のキャラクターが15基設置され、このうち2基は復旧復興事業に伴い一時撤去されている。

 市商工課の菊地正一課長は「モニュメントとモニュメント間が空いている。限られた財源と既存のモニュメントを有効活用し、少しでも街の回遊が進むようにしたい」と話している。

◇石巻マンガロード | 石ノ森萬画館
http://www.mangattan.jp/manga/mangaroad/


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る