NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.01.11

戌年生まれの年男年女 小学生選手、飛躍の年に

 石巻地方のスポーツ少年団などでは、初練習や寒稽古で新年の活動をスタートさせた。戌(いぬ)年の年男・年女で、春に中学進学や小学校の最上級生になる球技、武道、格闘技の選手たちに、競技のやりがいや今年の目標、意気込みを聞いた。

■剣道/石巻市釜小5年 遠藤羽夏さん
 正心学館道場に所属し週2回、大街道小で腕を磨いています。稽古は大変ですが、できなかった技を覚え試合できれいに決まった瞬間がやっていて楽しいと感じます。
 昨年秋に石巻市総合体育館で行われた石巻地方の選手が集まった大会で3位になり、県の選抜チームの選手を選ぶ大会に進むことができのがよかった。
 選抜入りはできなかったので、今年は得意とする小手を磨きたい。一つでも多く勝つことを目標にして、結果として選抜入りなど、うれしいことがたくさんある1年になればいいです。


■空手/石巻市万石浦小6年 内海聖奈さん
 幼稚園に通っていたころに祖父に勧められて空手の稽古を見学に行き、小学校1年生から始めました。相手の選手と組み合うことよりも、自分の動きをしっかり見てもらえる形の方が得意で、ツバメの動きを模した「燕飛(えんぴ)」や「慈恩」という基本形に自信があります。
 所属する日本空手協会矢本支部では昨年、東北大会に出て形でベスト8になることができましたが、優勝することできず悔しい年でした。
 中学では、2段取得と小学3年生以来の目標全国大会出場を達成したいです。


■キックボクシング/石巻市鹿妻小5年 佐々木一歩君
 4年生になってから週2回、石巻市流留の「鷹虎キックボクシングジム石巻支部」に通っています。指導者や先輩方からフォーム作りや試合に近いスパーリングといった練習などで基礎を教わってきました。
 盛岡市で昨年12月に開かれた大会に出場。初めての公式戦で緊張し負けてしまいましたが、ステップをしっかり踏み、手数を増やすなどの反省点を直し、春以降の成長につなげたい。
 今年は最上級生になるので多くの大会に参加し、ジャブ、キックのコンビネーションをうまくして優勝するのが目標です。


■野球/石巻市万石浦小5年 佐藤春希君
 万石浦ベイスターズでは投手や三塁など複数のポジションをやり、打順は7、8番など下位打線で試合に出ています。同じ左打者でプロ野球東北楽天の銀次選手が好きで、安打にするのが難しいコースの球でも簡単に打ち返している姿が格好良くて憧れの存在です。 チームは昨年の「河北新報旗争奪第40回県スポーツ少年団軟式野球交流大会」で準優勝しましたが、決勝のグラウンドに立つことができなかったのが心残りでした。今年は主将になったので役割をしっかりこなすことと、1番を打ち勝利に貢献したいです。


■サッカー/東松島市宮野森小6年 後藤元隆君
 小学校1年から東松島市のNARUNOFCでサッカーを始め、クラブではDFの中でも中央にいるCBをしています。相手からボールを奪い反撃につなげる重要な立場で、すごくやりがいを感じています。
 今年はロシアでサッカーW杯があり、同じDFの吉田麻也選手(プレミアリーグ・サウサンプトンFC)をはじめ、日本代表の活躍や各国の代表選手の技術が見られるのが楽しみ。
 中学進学後も競技を続けたいので、今のうちにパスやドリブルなどの基本をしっかりマスターして早く試合に出場したい。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る