NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.01.11

ブルーインパルス、飛行初め 航空自衛隊松島基地

新春の空を初飛行するブルーインパルス

 航空自衛隊松島基地(東松島市矢本)の2018年飛行初めが9日行われ、ブルーインパルスなどが新春の空に飛び立った。昨年12月22日の飛行納め以来、18日ぶりの飛行。

 所属する曲技飛行チーム「ブルーインパルス」6機、F2戦闘機5機の計11機が離陸。ブルーインパルスは金華山沖、F2戦闘機は三陸沖を飛行した。

 ブルーインパルスは、ごう音を響かせ滑走路を飛び立ち、基本隊形で飛行するなどして新年のスタートを切った。

 昨年12月20日に着任した松尾洋介基地司令は「今年も安全飛行に万全を期し、東日本大震災から復興した基地を次のステージへと率いていくべく、各種任務にまい進していきます」とコメントした。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る