NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.01.10

女川町で新年祝賀会 復興加速へ各界協力、未来語り合う

女川町の明るい未来に向けて乾杯する出席者

 女川町の新年祝賀会「新生女川の未来を語る会」(女川町、町商工会主催)が8日、同町浦宿浜のホテル華夕美であり、東日本大震災からの復興を加速させるために各界が力を尽くすことを誓った。

 経済団体や行政区、町、町議会の関係者ら約190人が出席。

 須田善明町長は「今後も皆で支え合いながら共に前に進み、幸多い年としたい」と呼び掛けた。

 町商工会の高橋正典会長は「震災からもうすぐ7年を迎える。女川町の完全復興を実現するために頑張ろう」と意気込んだ。

 町議会の木村公雄議長らの祝辞に続き、女川魚市場買受人協同組合の高橋孝信理事長の音頭で乾杯。各テーブルでは、女川の明るい未来像を語り合いながら、杯を酌み交わしていた。

 地元の白山神社の氏子でつくる「女川実業団」が勇壮な獅子舞を披露し、新年祝賀会を盛り上げた。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る