NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.01.10

みやぎの海の子作文、入賞者表彰 最高賞に荻浜中の阿部さん

江刺会長から賞状を受け取る入賞者

 県内沿岸地域の小中学生を対象にした「第33回みやぎの海の子作文」(県漁協女性部連絡協議会主催)入賞者表彰式が5日、石巻市千石町の石巻グランドホテルであり、中学生の部で最高賞の県知事賞を受賞した石巻市荻浜中2年阿部海星さん(14)ら24人をたたえた。

 今回は、東日本大震災からの復興に向けて歩む人たちの姿や、海で働く家族への感謝の気持ちなどをつづった作品86点が寄せられた。

 表彰式には、入賞者のうち21人が出席。協議会の江刺みゆき会長が「漁業において高齢化や後継者問題など課題が山積する中、皆さんは、家族への感謝と仕事への関心を持って作文に表現していた。漁業は大変だが魅力ある仕事。今の気持ちを大切にしてほしい」とあいさつした。

 県知事賞には阿部さんのほか、小学1〜3年の部で女川小3年鈴木柚葉さん(9)、小学4〜6年の部で石巻市東浜小6年柳橋凜佳さん(12)が選ばれた。

 「父の背中」という題で、カキとワカメの養殖に励む父親の姿を書いた阿部さんは「大好きな浜や父に対しての率直な気持ちが(評価され)受賞につながった。父はどんな時も弱音を吐かないので格好いい。大人になっても古里や家族は大事にしたい」と話した。

 県知事賞を除く石巻地方の入賞者は次の通り(敬称略、算用数字は学年)。

◇小学1〜3年生
▽県漁協経営管理委員会長賞 木村美優(石巻市渡波3)
▽県漁業共済組合長賞 大壁美温(石巻市万石浦3)
▽日本漁船保険組合県支所運営委員長賞 阿部蘭(石巻市東浜1)
▽農林中央金庫仙台支店長賞 遊佐綾珈(石巻市大原3)
▽県漁協女性部連絡協議会長賞 安海まな(渡波3)

◇小学4〜6年生
▽県漁業共済組合長賞 管野主唯(東浜5)
▽県JF共済推進本部長賞 渡辺成海(石巻市寄磯5)
▽農林中央金庫仙台支店長賞 平塚海惺(東浜4)
▽県漁協女性部連絡協議会長賞 古内志穏(東浜5)

◇中学生
▽日本漁船保険組合県支所運営委員長賞 今野優也(石巻市荻浜3)
▽県漁協女性部連絡協議会長賞 多沢聖菜(女川中2)


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る