NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.01.09

石巻地方・特色ある教育、わが校の得意科目(5) 山下中

あいさつ運動を行うシリウスのメンバー=2017年7月10日、中里小

<ボランティア、校内外で活動>

 「おはようございま〜す」。早朝の小学校の正門で中学生たちの元気いっぱいの声が響く。お兄さん、お姉さんたちの笑顔あふれるあいさつに、児童たちも笑顔で「おはようございます」と応える。

 月1回ずつ、学区内の石巻市貞山小と中里小であいさつ運動を行っているのは、山下中(生徒240人)の生徒有志でつくる生徒健全育成ボランティア「シリウス」のメンバーだ。2014年に発足し、非行防止対策に熱心に取り組む中心的な役割を担ってきた。

 「シリウス」は、冬に見られる星座のおおいぬ座の中で一番明るい星。地球から見える星の中で、一番明るい星。「この星のように県内で一番光り輝く学校を目指したい」との思いから名付けた。

 生徒たちが主体となって参画することで、規範意識、防犯意識を高めるほか、生徒たちの視点から保護者や地域住民に情報を発信し、より良い地域環境づくりを目指している。

 17年度のメンバーは、リーダーの3年伊辺那智さん(15)ら80人。全校の3分の1の生徒が関わる。
(1)あいさつ
(2)演劇
(3)ダンス
(4)携帯、スマホ
(5)防犯キャンペーン
など8班あり、校内外でさまざまな活動を展開している。

 小学校で行うあいさつ運動のほか、初年度から石巻署生活安全課と連携し、全国地域安全運動に合わせた「非行防止キャンペーン」に参加し、チラシや防犯グッズを配布する活動などに取り組んでいる。

 いじめ根絶の重要性を周知するビデオCMづくりを通して、いじめについて考える「みやぎ小・中学生いじめゼロCMコンクール」(県教育委員会主催)では15年度に最優秀賞、16、17年度は優良賞を受賞している。

 伊辺さんは「思いやりなど、活動を通して生徒一人一人の意識が高まっています。3年生は間もなく活動を終えますが、後輩にはこれまで以上に他校の模範になる山中らしい活動を展開していってほしい」と期待する。

 担当する菅野達也教諭(31)は「月1回ミーティングを開き、反省点や新たな取り組みなどについて意見を出し合っています。今後も活動を活発化させていきたい」と話している。

 模範的活動が認められ、15日、県警から県内2校目の「スーパー・アルカス認定証」が授与される。

◇宮城県警察/少年課/アルカスについて
http://www.police.pref.miyagi.jp/hp/syonen/bora/arcashp/setumeipp.html

※関連記事
「ネット犯罪防止の意識を 石巻・山下中生徒有志が啓発活動(2017.03.21)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2017/03/20170321t13011.htm
「いじめゼロCMコンクール 石巻・山下中が県最優秀賞(2015.08.28)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2015/08/20150828t13005.htm
「戸締まり忘れずに 山下中ボランティアグループ、防犯呼び掛け(2014.11.06)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2014/11/20141106t13007.htm


※石巻地方・特色ある教育、わが校の得意科目(4) 貞山小
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2018/01/20180105t13003.htm


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る