NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.12.06

絵の中にアイデア満載 東北電力図画コンクール、入賞者を表彰

最優秀賞に選ばれた舛さんの作品「海の中の夜景アート」

最優秀賞を受賞し表彰される舛さん(左)

 「想像の海の生きものたち」をテーマにした第16回東北電力図画コンクール(東北電力女川原発主催)の表彰式が2日、石巻市中里5丁目のいしのまき農協であった。

 最優秀賞に選ばれた石巻市向陽小4年の舛菜々子さん(10)ら入賞者に、賞状や副賞が贈られた。

 石巻地方の幼児から小学生までを対象に作品を募り、過去最高の5396点が寄せられた。1次審査と女川原子力PRセンター来場者の投票、最終審査で39点の入賞作品が決まった。

 最優秀賞に輝いた舛さんの作品「海の中の夜景アート」は、真っ暗な海の中を輝きながら色とりどりの魚が泳ぐ、細かなドットで描いた点描作品。鮮やかな色彩やデザインが優れていると評価された。

 舛さんは「綿棒とつまようじで描いた。この作品のため夏休みの半分以上を使ったが、楽しかった。とてもうれしい」と喜んだ。

 表彰式には、入賞者と保護者ら約100人が出席。女川原発の鴇田真孝所長は「子どもの創造力を養い、個性や才能を伸ばそうと始めたコンクール。優れた作品が多く、入賞作品は予定より2点増えた」とあいさつ。審査員から入賞者一人一人に賞状と副賞が手渡された。

 審査委員長を務めた石巻市の洋画家尾形たき子さんは「色使いがきれいな作品が多く、アイデアもすばらしかった」と講評した。

 三陸河北新報社賞は、石巻市貞山小1年の宮本麻央(まなか)さん(7)の作品「うみのたんけんたい」が受賞した。

 1次審査を通過した200点は、仙台市青葉区の東北電力グリーンプラザで26日〜来年1月8日(28日正午〜1月3日は休館)、石巻市中瀬の石ノ森萬画館で1月27日〜2月4日、石巻市茜平4丁目のイオンモールで2月17〜25日に展示される。

 他の入賞者は次の通り。(敬称略、算用数字は学年)

▽優秀賞
 熊谷春輝(長浜幼稚園)
 浅野琴海(矢本西小1)
 鈴木悠生(宮野森小2)
 木村七歩(飯野川小3)
 相沢岳杜(大曲小5)
 木村匠意(飯野川小5)
 横山菜々子(石巻小6)
▽審査委員長賞
 佐藤あかり(須江小5)
▽審査委員特別賞
 阿部瞳真(向陽小5)
 三浦実桜(大曲小1)
 小山寛人(飯野川小1)
▽石巻日日新聞社賞
 村上紗彩(北上小3)
▽石ノ森萬画館賞
 勝又愛羅(中里小4)
▽女川原発所長賞
 佐藤成美(万石浦小2)
▽女川原子力PRセンター所長賞
 佐藤雄次郎(女川小2)
▽奨励賞
 亀井咲花(牛網保育所)
 佐藤悠輝(女川第一保育所)
 斎藤琥珀(矢本東小1)
 鈴木煌士(宮野森小1)
 中村琴南(住吉小1)
 尾形柑南(矢本西小2)
 高橋遥愛(女川小2)
 芳賀楓(須江小2)
 伊沢健斗(矢本西小3)
 熊谷輝星(万石浦小3)
 高橋遥陽(飯野川小3)
 伊藤梓生(矢本東小4)
 高橋蒼生(大川小4)
 梨沢莉旺(大川小4)
 石川結楽(大曲小5)
 北林優羽(宮野森小5)
 阿部咲来(石巻小6)
 阿部真子(万石浦小6)
 内海瑞稀(万石浦小6)
 及川瑠菜(中里小6)
 小泉侑也(大街道小6)
 佐々木麻里亜(鹿又小6)


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る