NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.12.05

地元商店の歴史やこだわり調査 石巻市桜坂高、ポスターで発表

班ごとに作製したポスターを発表する生徒たち

 石巻市桜坂高の1年生198人が9月から取り組んできた「まちなかポスタープロジェクト」の発表会が11月29日、同校で開かれた。

 生徒たちは9月と10月、市内66事業所に2回ずつ出向き、店の歴史や人気商品、こだわりなどを聞き取ったり、写真を撮ったりした。

 発表会では、班ごとにスライドを用いて作製したポスターを紹介した。それぞれ工夫した構図や配色、どんなことを学んだかなどを簡潔に報告した。「お店の良さを表現するのが難しかった」といった反省や、今後に向けて「人とのコミュニケーションやまちづくりに生かしたい」という声が上がった。

 プロジェクトは昨年度始まった。コミュニケーション能力や必要な情報をまとめる情報処理能力、出来上がった作品を発表するプレゼンテーション能力を育むことが目的。地域を知ることで郷土愛を育み、地域に貢献できる人材を育成する狙いもある。

 作製したポスターは、発表会後、各店に届けた。


※関連記事
「産学連携 Pepperで石巻の情報発信 石巻市桜坂高2年生(2017.11.05)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2017/11/20171105t13011.htm
「郷土愛育む学習 桜坂高1年、地元商店の魅力をポスターで表現(2016.12.17)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2016/12/20161217t13001.htm
「商店の魅力、ポスターにして発信 年内完成目標 桜坂高1年生(2016.11.08)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2016/11/20161108t13011.htm


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る