NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.11.11

石巻市臨時議会閉会 日本下水道との協定、一部変更

 石巻市議会は10日、臨時会を開き、雨水の下水道事業を受託する地方共同法人「日本下水道事業団」(東京)との基本協定の一部を変更する協定締結と、変更に伴う2018年度以降の事業費を組み替えるため49億2700万円減額する17年度一般会計補正予算など、7件を即決。衆院選などの経費8000万円を追加する一般会計補正の専決処分1件を承認し、閉会した。

 協定締結は当初、14〜19年度の協定年度を20年度まで延長。工事上限額を660億円増額し、事業費1460億円とした。既に財源は確保している。

 ポンプ場の建設地が確定しない段階で事業費を算出したが、建設地(22排水区)が決まり現地調査と詳細設計を実施。各種資材と労務費の高騰に加え、土質条件が砂質から軟弱地盤と岩盤だったことが判明し、一部で可燃ガスも発生することから各対策が必要と判断、事業費が増えた。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る