NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.10.12

宮城県知事選 多々良氏、石巻で個人演説会

演壇で手をつなぎ、結束をアピールする多々良氏(中央)

 任期満了に伴う知事選(22日投開票)で、無所属新人の元団体役員多々良哲氏(59)=共産推薦=の個人演説会が10日、石巻市中里5丁目のいしのまき農協本店であった。

 多々良氏は「宮城の農林漁業、中小企業を応援する政策を優先課題にしたい。豊かで自立した地域経済が成り立つ県にする」と述べた。

 東北電力が2018年度後半以降を目指す女川原発の再稼働について「国が“合格”を出しても、再稼働には同意しない。県の宝である子どもの命と健康を守る政治をしたい」と強調した。

 支持母体の「新しい県政をつくる宮城県民の会」の鹿野文永代表が駆け付け、「県民と野党が一体となって多々良さんを推していく態勢ができた。トップダウンではなく県民の声を吸い上げる県政をしていくことを約束する」と述べた。

 地元選出の三浦一敏(共産)、坂下賢(民進)の両県議らも支持を呼び掛けた。


※関連記事
「宮城県知事選 多々良候補、石巻地方巡り訴え(2017.10.11)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2017/10/20171011t13016.htm


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る