NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.10.05

ファイト!(72) スポーツ少年団/石巻市空手道スポーツ少年団蛇田教室

全国大会での活躍を目指し、突きなどの基本を磨く蛇田教室の選手たち

 1984年に設立され、今年で33年。石巻市蛇田小、向陽小など市内から30人の小中学生が集まり、活動する。

 稽古は、火・金曜が蛇田小体育館(午後6〜9時)、水曜が石巻市稲井公民館(午後6時〜8時半)、土曜が蛇田中体育館(午後6〜9時)で行い、全国大会での活躍を目指して汗を流している。

 稽古では基本となる突き、蹴り、受けの動作を全体で確認。その後は2人一組で組手をしたり、「慈恩」や「平安」といった形の基本に時間を費やしたりする。

 発足当初から指導する佐々木真人さん(71)は「上達の近道は、動きの意味を理解すること。何をしているのか分からないと選手として視野が狭くなる、と伝えている」と強調した。

 蛇田教室では、群馬県で8月にあった全国大会に形と組手合わせて小中学生8人が出場。ほとんどの選手がベスト16以上に入る活躍をみせた。

 個人形で8強入りした松本陽(はる)君(稲井小3年)は「緊張したが満足いく結果だった。次は日本一を狙う」と話し、ベスト16だった太田依吹(いぶき)さん(蛇田小5年)は「形の動きにメリハリを付けられなかったのが反省点。悔しさを来年ぶつけたい」とリベンジを誓った。

 現在は、来年の全国大会に向けて、OBらの指導を受けながら腕を磨いている。団員を募集中。連絡先は佐々木さん0225(95)2977。


※ファイト!(71) スポーツ少年団/渡波マリーンズ(石巻)
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2017/09/20170928t13009.htm


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る