NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.08.31

起業を支援 ローカルベンチャー推進協、石巻で自治体合同合宿

起業家らの事例発表を聞く自治体関係者

 地方での起業を支援する石巻市など全国10市町村でつくる「ローカルベンチャー推進協議会」は23、24の両日、自治体合同合宿を石巻市内で実施した。

 石巻市や気仙沼市、釜石市、徳島県上勝町などの関係者70人が参加。起業家の話を聞いたり、各自治体の支援内容や若者を地方に呼び込み起業につなげる戦略を学んだりして、今後の取り組みの参考にした。

 石巻市中央2丁目のみやぎ生協文化会館アイトピアホールでは、東日本大震災後に事業を立ち上げた家具工房社長のほか、地域振興を目指す一般社団法人の代表ら5人が事例発表した。

 石巻市桃浦にある築100年の自宅を改修し、カフェ「はまぐり堂」を運営する一般社団法人「はまのね」代表理事の亀山貴一さん(35)は「住む人は少なくても交流人口で活性化を目指している。あまりもうからないが、人が集まっている」と述べた。

 段ボール製のスーパーカー「ダンボルギーニ」で話題になった今野梱包(こんぽう)(石巻市桃生町)社長の今野英樹さん(35)は「面白いを発信したい。喜んでもらうことで人とのつながりができ、ビジネスにも役に立つ」と語った。

 協議会は昨年9月に設立。北海道下川町、厚真町、岡山県西粟倉村、宮崎県日南市なども参加する。地域の起業家を2020年度までに200人以上育てる目標を立てている。起業支援のNPO法人と連携、地方移住や起業を考える若者を対象に研修会を開催する。

◇ローカルベンチャー推進協議会 http://initiative.localventures.jp/


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る