NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.08.11

心癒やす音色 仙台フィル、親子らに演奏披露 石巻

美しい音色を響かせる仙台フィルハーモニー管弦楽団のメンバー

 仙台フィルハーモニー管弦楽団が演奏を披露する「みんなのまちのコンサート」が10日、石巻市立町1丁目の市子どもセンター「らいつ」などで開かれた。集まった子どもや保護者たちは、楽団員が奏でる美しい音色に聞き入り、癒やしの時間を楽しんだ。

 「らいつ」には、バイオリン、ビオラ、チェロ奏者の楽団員4人が訪問。パッヘルベルの「カノン」や、「美女と野獣」、復興応援ソング「花は咲く」など、アンコールを含め7曲を披露した。「となりのトトロ」の楽曲では来場者にタンバリンが配られ、管弦楽と演奏を楽しむ場面もあった。

 石巻市住吉小2年の松田理君(7)は「知っている曲が多かった。(演奏は)全部すごかった」と声を弾ませた。

 コンサートは、サントリーグループが取り組む、東日本大震災の復興支援「東北サンさんプロジェクト」の一環で、2016年に始まった。20年まで岩手、宮城、福島の3県で継続する計画。

 この日は石巻市の仮設大橋団地でも行われた。

 11日は、石巻市蛇田の新西前沼復興住宅第一集会所でコンサートを開く予定。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る