NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.08.01

ストリートラグビーでW杯日本大会キャンプ地誘致訴え 石巻

小さな子どもたちも参加したストリートラグビー

 石巻市中央2丁目では31日、「ストリートラグビーin石巻川開き祭り」があった。2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の公認キャンプ地誘致への機運を盛り上げた。

 縦約19メートル、横約7メートルの人工芝を路上に敷いた特設会場を設け、3人1チームで対戦。1分間の試合の中で、スピード感あるゲームを展開した。

 地元高校生のラグビー部員らも参加し、同じチームの小学生にボールを集めてトライを決めさせるなど、ラグビーの楽しさを伝えた。

 石巻市貞山小6年の津田好誠君(11)は「飛び込んでトライを決めたので、すごく気持ち良かった」と笑顔で話した。

 一般社団法人STREET RUGBY ALLIANCE(東京)の小山裕昭副代表理事(49)は「今後も誘致実現のために関係機関が連携した運動を展開してほしい」と話した。


※関連記事
「2019ラグビーW杯日本大会 石巻でキャンプを 高まる期待(2017.07.26)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2017/07/20170726t13015.htm


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る