NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.04.20

子どもみこしのお通りだア! 鳥屋崎神社で春季例大祭 石巻

山下地区内を元気に練り歩く子どもみこし

 石巻市山下町1丁目の山下明神山に立つ鳥屋崎神社で16日、春季例大祭があった。神事と子どもみこし巡行に、氏子や地域住民が参加してにぎわった。

 神社は港湾の神を祭る平安時代からの古社。例大祭は、穏やかな祭り日和に恵まれ桜もほぼ満開となった境内に、氏子や山下地区町内会関係者ら40人ほどが集まった。

 新沼寿一・氏子総代長ら関係者が本殿での祈祷(きとう)に参列し、地区の繁栄などを祈った。

 この後、山下小児童ら20人が担ぎ手となってみこしパレードをした。関係者によると、かつては大人のみこしが練り歩いたが、人手不足などで行われなくなり、20年ほど前から子どもみこしが登場するようになったという。

 法被をまとった子どもたちは「わっしょい、わっしょい」と元気な掛け声を上げながら国道398号沿いを行進した。

 4年の岩佐風凜君(9)は「初めて参加した。頑張って最後まで歩きたい」と話し、先頭に立ってみこしをリードしていた。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る