NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.04.12

好みの紅茶見つけて 蔵しっくパークでのセミナー人気 東松島

おいしい紅茶の入れ方を披露する柴田さん(左)

 仙台市で紅茶教室を主宰する柴田りりさんを招いての「紅茶セミナー」が8日、東松島市矢本の蔵しっくパークで開かれた。

 最近注目を浴びる紅茶に対する関心を深めてもらおうと、同パークが初めて企画し女性13人が参加した。

 柴田さんは「紅茶はすぐに油を分解する力があり、ハンバーガーとの相性が良い。インフルエンザの予防にも最適で整腸作用もある」と効能を説明した。

 「茶葉の大きさによって蒸らす時間がポイントになる」と、おいしい紅茶の入れ方も披露。参加者たちは蒸らす時間を微妙に調整したダージリン(インド産)、キーマン(中国産)、ウバ(スリランカ産)を試飲した。

 柴田さんは「食べ物に合わせて紅茶を飲むとよりおいしくなる。自分の中で好みを見つけて、家でも紅茶を飲んでくれたらうれしい」と話した。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る