NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.03.17

県東部地区教職員人事 今春、小中学校長11人退職

 県教委は2017年度の教職員定期人事異動の最終調整に入った。

 東部教育事務所管内で今春退職する小中学校の校長は小学校10人、中学校1人の計11人。このうち、石巻中校長には、志小田美弘東部教育事務所登米地域事務所長の起用が有力だ。

 発令は4月1日付、退職は3月31日付。

 小学校校長の退職者は例年と比べ多く、10人以上が入れ替わる。

 石巻小校長には、阿部清司女川小校長の起用が有力視されている。阿部氏は県教委義務教育課指導主事などの経験がある。安倍良博東部教育事務所副参事・班長らの名前も挙がっている。

 石巻小は、東日本大震災の影響で閉校した門脇小を統合し、震災後は学区外から通学する児童もいる。退職する佐藤文夫校長は、学校を取り巻く環境変化の中で伝統校の品格を守り、児童の融和を進める学校づくりを進めた。

 中学校長の退職者は例年より少なく、石巻中の渡部洋校長だけ。「自主」「自律」「品位」を生徒心得とする基幹校の校長へ就任するとみられる志小田氏は、仙台教育事務所副参事・班長なども務めた。

 雄勝と大須の両小中学校の統合に伴い、4月に開校する新しい雄勝小と雄勝中は、校長1人と教頭2人の体制になる見込み。

 東部教育事務所管内で今春退職する校長は次の通り。(敬称略)

▽小学校
 石巻・佐藤文夫
 湊・佐々木隆哉
 蛇田・梶谷美智子
 鹿妻・三浦由美子
 大谷地・斎藤達彦
 前谷地・三浦純子
 中津山二・岡田信彰
 大曲・長沼守康
 赤井・木村玲子
 鳴瀬桜華・大和由起江

▽中学校
 石巻・渡部洋


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る