NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.02.09

活動継続に仲間募集 石巻ジュニアアイスホッケークラブ

石巻地方唯一のアイスホッケークラブとして活動する選手ら

 石巻地方唯一のアイスホッケーチーム「石巻ジュニアアイスホッケークラブ」が新たな仲間を募っている。

 小学6年生までが対象で、現在のメンバーは石巻、東松島市の未就学児から小6までの17人。6年生3人が今春で卒業し、活動継続に新たなメンバーを必要としている。

 同クラブは「ジョイフルちびっ子アイスホッケークラブ」として1982年に発足。88年に今のチーム名になった。

 練習拠点は石巻市不動町2丁目の「プレナミヤギ」で、月曜と金曜日の午後7時から2時間トレーニングに励む。夏季やプレナミヤギの利用状況などをみて仙台市泉区のアイスリンク仙台でも活動する。

 小中学生のアイスホッケーの試合は、3年生以下と4年生以上の2グループに分けて実施する。GK、DE、FWの計6人がリンクに出て、1ピリオド15分を3セット行い、合計点数で勝敗を競う。

 石巻ジュニアは、3年生以下のメンバーが5人しかおらず、単独で大会に出場できない。現在、合同で練習する機会のある仙台市のチームの選手を加えるなどしてやりくりしている。

 松川佳寿美(かすみ)選手(石巻市二俣小6年)は「男女の力の差なく戦えるのが面白い。シュートも決まると楽しい」と話す。千葉恋歌(れんか)選手(同市中津山一小2年)は「早く単独で試合ができるようになって勝ちたい」と思いを語る。

 同クラブの武田和浩会長は「ホッケーの魅力はスピードがあるところ。みんな初心者から始めているので気負うことなくやれる。体験会もあるので見学に来てほしい」と呼び掛ける。

 随時募集している。連絡先は、武田会長090(4554)1015。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る