NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.01.12

歌声、住民の心に響く ライブで復興応援 石巻・SRCホール

歌声を披露するasariさん。ピアノを弾くのは猪狩さん

 石巻市蛇田新立野のSRCホールで10日、新年第1回の「復興応援ライブ」が開かれ、地域住民が心に響く歌声に聞き入った。

 仙台市のシンガー・ソングライター猪狩大志さんと、塩釜の歌姫asari(あさり)さんの2人が出演し、歌とおしゃべりで来場者を楽しませた。

 猪狩さんは、桐谷健太さんのヒット曲「海の声」や、さだまさしさんの「主人公」などを披露。asariさんはオリジナル曲「えがお」や「ひまわり海岸」などを熱唱。アンコールでは、猪狩さんが作曲した「あなたがいたから」を一緒に歌った。

 新立野に住む主婦山根けい子さん(65)は「昨年9月に始まってから毎回楽しみにしています」と話し、友人の田代節子さん(67)は「さまざまなジャンルの曲が聴けるほか、出演者とお話しできるので楽しい。これからも通いたい」と笑顔を見せていた。

 ホールには、グランドピアノが設置された。ホールの経営者佐々木淳さん(57)が国境なき楽団に相談したところ「ピアノをとどける会」(仙台市)から被災地支援で寄贈を受けた。佐々木さんは「素晴らしいピアノをいただき感謝しています。市民の皆さんのために有効に活用していきたい」と話した。

 次回のライブは2月14日午前10時半から。バレンタインデーに合わせ、愛の歌を特集する予定。


※関連記事
「新蛇田に貸しホール開設 復興応援ライブで閉じこもり解消を(2016.09.30)」
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2016/09/20160930t13012.htm


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る