NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.01.05

石巻から羽ばたくぞ 2017年、国内外で活躍期待の4選手

東北学院大の主戦として日本一を目指す鈴木投手

東京五輪出場を目標に練習に励む保原選手

大学での活躍を誓う生出選手

砲丸投げで全国大会に出場した相沢選手

 石巻地方は昨年、女川町のサッカークラブ「コバルトーレ女川」が東北社会人リーグで初優勝するなどスポーツ選手の活躍が、東日本大震災から復興に向かう被災地に元気を届けた。

 今年も国内外の各種大会で活躍が期待される4選手を紹介する。


■野球・鈴木遼太郎選手(東北学院大3年)/制球力のよさプロでも

 蛇田イーグルスで基礎を覚え、蛇田中時代は3年連続県大会に出場。石巻西高でも主戦として、2年生の時に県ベスト8に導いた。東北学院大の関係者からスカウトされ同大に進学。2年秋からリーグ戦に出場し、新人賞を受賞した。

 大学では筋力トレーニングや走り込みに力を入れ、最速147キロの直球のほか、スライダー、カットボール、フォークなど変化球も多彩。低めにボールを集める投球が武器の本格派に成長した。

 菅井徳雄監督は「卒業生で埼玉西武から東北楽天に移籍した岸孝之、西武の本田圭佑ら、歴代の主戦の3年生時代と比べると群を抜いて制球力がいい。プロでも通用する」と評価する。

 「プロの世界で活躍する先輩たちの姿は、刺激になる。自分もやらなければという使命感が沸いてくる」と話し、闘志を燃やす。3年後の東京五輪は野球が正式種目として行われる。有力選手として期待されている。

 今後の目標について「昨季優勝を逃した仙台六大学野球リーグ制覇を目指し、大学日本一になりたい。その後はプロに入り、日の丸を背負って戦いたい」ときっぱり語った。


■バドミントン・保原彩夏選手(聖ウルスラ学院英智高3年)/攻撃力持ち味

 石巻市鹿妻小3年の時に競技を始め、聖ウルスラ学院英智中への進学直前に東日本大震災に遭った。家族は無事だったが、自宅や家業の水産加工場は津波で全壊した。古里の復興への思いが成長を支える。

 「競技は続けられないと思っていたが、両親が『何があってもバドミントンは続けさせてやる。心配しなくていい』と言ってくれた。家族のために結果を出したい」と腕を磨いた。

 中学3年生から寮生活、高校でも競技に打ち込み、初の日本代表として挑んだ昨年11月の世界ジュニア選手権(スペイン)女子ダブルスで、日本勢初の優勝を飾った。「大会では積極的に攻めることができ、勝ちたい気持ちを最後まで貫けた」と喜ぶ。前衛での緩急を生かした攻撃が持ち味。後衛でも巧みなラケットさばきを見せ器用さも兼ね備える。

 リオデジャネイロ五輪バドミントン女子ダブルスで金メダルを獲得した高橋礼華、松友美佐紀両選手=日本ユニシス=は高校の先輩。「憧れのままではなく、ライバルとして戦えることがうれしい」と話す。

 春には強豪のヨネックス(東京)に入社予定。東京五輪出場、メダル獲得を目指す成長株は「自分が世界で活躍することで被災地を元気にしたい。家族への恩返しもしたい」と決意を示した。


■空手・生出凜選手(石巻市桜坂高3年)/突き技に磨き

 石巻市開北小1年の時、日本空手協会石巻中央支部に入った。桜坂高進学について「高校の選手が支部に来ていたことや、自分も桜坂の稽古に参加させてもらったこともある。身近な場所で強くなりたかった」と話す。

 体格は154センチと小柄。相手とのリーチの差をなくすため、突き技に磨きを掛け、2年生の秋に主将になった。「務まるか不安でしたが、県内一のチームを目指そう」とリーダーシップを発揮。

 3年生では県総体の女子団体組手で、中堅として石巻市女高時代の2014年以来、2年ぶりの王座奪還に貢献。15年に市女商と統合し、現校名となってからは初の頂点で、個人組手も制した。その後の東北大会でも優勝し、インターハイ、国体に出場。が、「優勝できず、悔いが残った」と振り返る。

 大学は空手の強豪、東北福祉大に進学する。「大学でもタイトルを取り、五輪の選手になって活躍したい」


■砲丸投げ・相沢源希選手(蛇田中3年)/1日100本投げ込み

 もともとはラグビーが好きだった。蛇田小3年からラグビーチーム「石巻ライノス」でバックスとしてプレー。中学に入って、ラグビーの競技力向上のために陸上部に入部し短距離を始めた。ところが2年の夏、練習中に鎖骨を骨折するけがを負った。

 「落ち込んでいた時に、砲丸なら可能性があるかもしれない」と決意、秋から砲丸投げに専念。その結果、地区新人戦で優勝した。「まさか自分が砲丸投げで全国に出る選手になるとは想像していなかった」

 指導する安田淳教諭は「体の使い方がうまく、根気強く練習する姿勢がいい」と評価する。冬場は1日に約100本投げ込み、フォームをチェック。厳しい練習で素質を開花させた。

 中学最後の県大会は、15メートル48センチの大会新で初優勝。東北大会も制し、全国大会は8位入賞を果たした。高校ではさらに自分を高めようと意欲を新たにしている。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る