NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.09.27

石巻で東京フィル演奏会 門脇中生徒、指揮者体験に緊張

指揮を体験した後、感想を求められる生徒

 石巻市門脇中(生徒246人)は先日、東京フィルハーモニー交響楽団による演奏会を同市北村の遊楽館で開いた。オーケストラの演奏を聴くことで想像力と音楽の素晴らしさを理解してもらおうと開催した。

 交響楽団は、ロッシーニ作曲の歌劇「ウィリアム・テル」序曲より「スイス軍の行進」、ベートーベンの「交響曲第5番・運命」などを演奏。生徒たちは、一流オーケストラの迫力ある演奏に聴き入った。

 指揮の体験コーナーもあり、各学年から1人ずつ挑戦。指揮者によって曲調に変化があることを学びながら堂々とタクトを振り、会場を盛り上げた。

 津田大介君(14)=2年=は「最初は緊張しましたが貴重な体験になった」と感想を話した。

 最後は、オーケストラの演奏で校歌を高らかに歌い上げた。公演は、文化庁の「文化芸術による子供の育成事業」の一環。


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る