NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.08.21

帰ってきた小船〜東日本大震災と「第2勝丸」の奇跡 (7)

絵・石川かおり

 ふるさとの港

 会の人たちや小船を運ぶ人たち…
 大勢(おおぜい)の人たちが
 今か今かと待(ま)ちわびていた

 青空
 太陽の光が海をてらし
 まぶしい

 60日の航海(こうかい)を終えた船が
 少しずつ大きくなって見えてきた
 「来たぞ」
 「帰ってきたぞ」
 涙を浮かべる人
 笑(え)みを見せる人
 あく手をする人
 みんなで小船の帰りを喜びあった

 船が岸に着くと
 青いシートでおおわれた小船が姿を現(あらわ)し
 クレーンでつるし
 降(お)ろされた

 ひとりひとりが
 歴史的瞬間(れきしてきしゅんかん)を
 しっかり目に焼(や)きつけていた

 小船はトラックに積み込まれ
 漁村に戻った

 青い海が見える場所にどっしりとかまえる小船
 言葉は話さないが
 津波に襲われた船として
 訪(おと)れる人たちに
 震災の恐ろしさを伝えている

 おわり

(文・伊藤浩)


※帰ってきた小船〜東日本大震災と「第2勝丸」の奇跡 (6)
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2016/08/20160820t13008.htm


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る