NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.08.18

帰ってきた小船〜東日本大震災と「第2勝丸」の奇跡 (4)

絵・石川かおり

 会の人たちは、
 船を担当(たんとう)するお役所(やくしょ)に出かけた

 「何とかお願いします」

 自分たちの思いを、
 心からうったえた


 お役所には、
 漁村に近いところで生まれた男の人がいた

 「みなさんの力になりたい」と約束(やくそく)した

 よその国から来る虫などをふせぐことや、
 港(みなと)で船を検査(けんさ)するお役所などを回った
 小船を持ってくるために必要(ひつよう)なことを調べるためだった


 「港から漁村に運ぶ方法(ほうほう)はどうしよう」

 会の人たちも準備(じゅんび)を進めた


 お役所にお願いにでかけて、
 もう半年が過(す)ぎていた

 「だめかな」

 あきらめかけていたとき、
 さなえさんの元(もと)に、
 うれしい知らせが届(とど)いた

 「決まりました。小船を積んできます」

 男の人からのはずんだ声だった


※帰ってきた小船〜東日本大震災と「第2勝丸」の奇跡 (3)
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2016/08/20160817t13017.htm


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る