NEWS 石巻かほく

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.08.17

帰ってきた小船〜東日本大震災と「第2勝丸」の奇跡 (3)

絵・石川かおり

 小船が見つかったという知らせは、
 漁村の人たちにも伝(つた)わった

 地域(ちいき)の集会所に、
 さなえさんと親しい人たち5人が集まった

 「よく、遠い南の島まで流れていったもんだ」

 集まった人たちは、
 うれしい気持ちと、
 不思議(ふしぎ)な気持ちだった


 そんな中、
 一人から提案(ていあん)があった

 「小船を島から持ってこよう」

 すると、別(べつ)の人が

 「そうだね。震災(しんさい)を伝えるものにしよう」

 みんなの気持ちがひとつになった


 そこで、良(よ)いアイデアが浮(う)かんだ

 「今ちょうど、地元の高校生が、島の沖(おき)でマグロをとる体験(たいけん)をしている。その船に積(つ)んできてもらおう」

 「それはいい考(かんが)えだ」

 「私も賛成(さんせい)だ。お願(ねが)いしてみよう」


 5人は、夢(ゆめ)を実現(じつげん)させるために会をつくった

 「がんばっていこう」


※帰ってきた小船〜東日本大震災と「第2勝丸」の奇跡 (2)
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2016/08/20160816t13015.htm


スポンサーリンク

ページの先頭に戻る